初めまして、のお客様へ。



私たちは小さなオリジナルブランド、ALOHALOHAです。

ALOHAの起源がLOVEということに気づいてインスピレーション。お父さんの愛とお母さんの愛を重ね合わせ、

生まれてきた赤ちゃんへの愛情、という意味合いのネーミングです。1998年に活動開始し、ゆっくりと大切に育てています。

作品は、衣裳デザイナー atsuko nose とデザイン作家 tetsuji hamasaki のコラボレーションでこつこつと創作。

今の空気を吸収しながらもどこか懐かしく、胸にキューンとくるような子供服や雑貨をめざしています。









episode 1:アヒルは縁起がいい。



1998年初夏、代官山に路面店をオープンした日、一番最初に売れたのがアヒルのおまる。

ミラノに買い付けに行った時に偶然入った、なんてことない普通の日常雑貨屋さんにいたアヒルです。

数日後にまた売れました。今度は男性の方。有名なドラッグクイーンの方、ということを後で知りました。

なんでも、そのおまるで朝のシリアルを食べるんだとか。その素敵さにふたりで感激したものです。

それから、10数年経ってBIBPAを企画している時のこと。

子供服の概念にないコンパクトな売り出し方をするために、パッケージを考えていました。

何かシンボルになるものはないかなと、つらつら資料探し。手にしたのが

以前、雑貨屋さんで気になり買い求めていた1970年頃のアルファベットの育児書でした。

ABCにまつわる天地2センチくらいのカラー挿絵がいっぱい。

その中に、スカーフをかぶったアヒルがいたのです。ほのぼのとしたお母さんのぬくもりを感じました。

名もないだろう、水彩画家さんに敬意を払い、さっそく拡大レタッチ。モノトーンのマークへとアレンジを行ないました。

現在のBIBPAパッケージの真ん中に収まっているのがそれです。ちなみに赤い色は、赤ちゃん、から。

先に進行していた、生地のプリント柄EGGとのつじつまがぴったり合った瞬間でした。

アヒルのおまるといい、育児シーンにはなぜか縁起がいいシンボルなのでしょうか。

おかげさまで、BIBPAは日本中のたくさんのお子様が着てくれています。







episode 2:ハブ・ア・ナイス・フューチャー。



季節が変わって、新しいTシャツを店頭販売。

コウノトリとカメのイラストでした。描いている途中で言葉を入れたくなり、思いついたのが「Have a nice future !」。

Have a nice day(良い一日を)をもじって、お子様の未来を祝福する意味合いにしたのです。

お店に出したばかりのある日、外国人の男性がいらっしゃいました。店内をぐるりと見られたあと、この英文入りTシャツが目に入った様子。

お声掛けのつもりで、この英語どうですかね?とお尋ねしました。イギリス人らしく、うーん、ちょっと軽いよねぇ、みたいなご返答。

ま、日本人が語呂でわかりゃいいと適当に考えただけに、ごもっともな話。

内心、きっとアメリカンな気分はお好みじゃないんでしょう、ごゆっくりどうぞ、みたいな時間が過ぎました。

しばらくして、お買い求めにレジのそばへ。

よく見ると、そのお客様の手のひらに、先ほどの軽いよねぇTシャツがのっていたのでした。

じゃぁ問題ないのかぁ?と、今ではBIBPAダッキーマムの胸元など、あちこちで使っています。







episode 3:心に残る子供服を。



無謀にも、代官山の一店舗だけでオリジナルブランドをスタートさせた私たち。

もともと、アパレル畑で育っていないため、試行錯誤の連続。カメラの前で輝いているだけでいい、下手すれば

後ろを洗濯バサミでつまんでいればいいみたいな、衣裳仕事とはぜんぜん違いました。

毎日のように洗濯する子供服。多様なサイズ展開、生地やプリントのクオリティ、ホルマリン等の品質検査、生地在庫の山々など。

「カワイイ!」って言われる新鮮な嬉しさは通り過ぎ、服作りの奥深さや持続的に運営する事のたいへんさがだんだんわかってきたふたり。

好き勝手にデザインを続ければいいものでもないのが見えてきて、悩んだあげく、次の栄光のためにといったん活動休止。

7年間ほぼ毎日続けていたものが止まった日々。子供服以外のデザイン制作の隙間、ぽかーんと第2ステージを模索していました。

そんな時にいただいた印象深いメールがあります。心の中で、今でも大切にしている贈り物です。





「読んでいただけますように・・・。」


定番のロンパース(バックプリントでアロハロハのロゴいりのもの)が
どうしても欲しいのですが、どこを探してもみつかりません。
もしも在庫がございましたらお譲りいただくわけにはいかないでしょうか・・・。

おととし、姉の子が生まれたときに、オレンジをプレゼントしました。
とても気に入ってくれて、よく着せていました。
その子が病気だったこともあり、前ボタンというのが重宝しており、
さらにデザインがなんといってもかわいく、ほんとうに喜んでいました。

その子は・・・病気により亡くなってしまいました。

最後の日もやっぱりオレンジのアロハロハでした。
病院での点滴のシミがついていますが、今でも大切な思い出です。

アロハロハを知ってから、大きくなったらこんなのを着せたいねとか、待ちきれなくて、
かわいいワンピースやコップちゃんのカットソーも購入してしまったり。
結局、着た姿をみることなく、天国へ持っていってしまいましたが。
きっとみんなにかわいいねなんていわれて得意になっているかな。(笑)
もし、また子どもが生まれたら、また同じものを買ってあげようと思っていました。

そして今年9月に出産。元気な女の子が生まれました。
さっそく注文・・とおもったら休止とのお知らせで残念におもいます。
生まれてくる子には、またアロハロハのかわいいお洋服をたくさん買ってあげたい!!と
姉も申しておりましたので・・・。せめて、あのロンパースがどこかにあったらと
いろいろ探しましたが見つからなかったもので、思い切ってメールさせていただきました。

一方的に私事で大変申し訳ありません。
どんな情報でもかまいませんので、お返事いただけると嬉しいです。
また再開される日を心待ちにしております。
長くなりました。よろしくお願いいたします。


(2005年10月A.O様よりいただきましたメールの全文です。)





そして、2007年にアロハロハ・ジャパンとして再スタート。

いくつも作ったロンパースをもとに、2011年には、赤ちゃんのデイウェアBIBPAを開発しました。

男の子も女の子もワンボディでオールシーズン、しかも2年近く着まわせる画期的な仕様は

カワイイでしょ、だけではない子供服への回答。そして、2015年デビューのキャンディブルマーへとつながります。

半年も先の新作発表を終わりにし、長いスパンで愛されるような製品作りへとシフトチェンジ。

ALOHALOHAオリジナルが、日本中の、世界中の赤ちゃんに少しずつ広がってくれればいいなと考えながら制作しています。

未来でアルバムを見せていただいた時に、もしかしたら赤ちゃんといっしょに写っているかも、を期待して。。







facebook

instagram



 


 

返品について

返品期限
商品到着後7日以内。 
返品送料
お客様の都合による返品はご負担ください。不良品の場合は当方着払い。 

配送・送料について

郵便局(代金引換ゆうパック・代金引換郵便)
送料は全国一律500円。10,000円以上ご注文時は無料。時間指定のない場合は代金引換郵便。 
ヤマト運輸(振替・振込・クレジット)
送料は全国一律500円。10,000円以上ご注文時は無料。 

支払い方法について

全額ポイント利用
 
クレジットカード

 
ゆうちょ振替
 
銀行振込(ゆうちょ銀行)
 
商品代引(手数料無料/弊社負担)
 

モバイルショップ